店舗集客をして売り上げを大幅上昇【その方法を徹底解説】

メディア
  1. ホーム
  2. 実写では困難な表現が可能

実写では困難な表現が可能

ビデオを操作する人

コミュニケーションも重要

動画広告やプロモーション動画には大きく分けて実写とアニメーションの2種類があり、それぞれに長所を持っています。商品や企業の現場などの紹介には実写の方が適していますが、扱う商品が情報商材や無形商品の場合はアニメーション動画の方が表現しやすいものです。実写で撮影しようとすれば多額の予算が必要になるようなケースでも、アニメーション動画なら制作会社に依頼する際の実費だけで済むため低コストで制作できます。アニメーション動画の持つもう1つの特徴は、実写と比べて画面がシンプルに構成されているためわかりやすいという点です。親しみやすいキャラクターを効果的に活用したアニメーションの表現は、堅苦しいイメージのある商材や業界の印象を和らげる目的でもよく利用されています。実写では困難な場面でもアニメーションなら自由自在に表現できるため、最近ではアニメーション動画を広告等に利用する企業も増えているのです。このようなアニメーション動画を制作するにはまず業者サイドと打ち合わせを行い、キャラクターデザインや絵コンテを経て原画を作っていきます。アニメーション化に当たってはBGMやナレーション・効果音なども加えられ、最終的に完成された動画として納品されるのです。制作会社に依頼する際には料金に着目しがちとなりますが、良いアニメーション動画を作るにはストーリー作りも重要になってきます。クライアント企業の要望をインパクトのあるアニメーション動画に反映させるため、制作会社の側にもコミュニケーション能力が求められるのです。情報を視覚的に表現するインフォグラフィック動画や実写に迫る高品位な3Dアニメーションなど、アニメーション動画も多様化しています。このような技術力に加えてマーケティングの視点も兼ね備えた制作会社を選ぶことにより、販売戦略や企業のイメージアップなどの目的にもアニメーション動画を効果的に活用できるのです。