店舗集客をして売り上げを大幅上昇【その方法を徹底解説】

手
ビデオを操作する人

実写では困難な表現が可能

動画広告の中でも低コストで制作できるアニメーション動画は、実写で実現困難な表現も可能です。アニメーション動画を制作会社に依頼する際には予算面だけでなく、コミュニケーション面も考慮する必要があります。制作会社には多彩なアニメーション表現を実現させる技術力に加え、マーケティングの視点も求められてきます。

複数の人

最適な広告を配信したい

ユナイテッドは主にスマートフォン向けのアプリや広告を配信設定している企業です。自社プラットフォームが構築されていて、RTB広告をオープンなプラットフォームから一元管理して配信できます。ユナイテッドには広告を、デバイスや受け取り側に最適のフォーマットや情報で送る高度な技術があります。

ビデオカメラ

より良い宣伝をするために

企業の宣伝手段として効果的に宣伝が可能な動画の活用が増えています。動画制作ではスキルなど面から専門業者のへ外注が一般的です。その流れは打合せ、提案書の提示、発注、専門業者でシナリオ執筆、撮影、編集が行われて最後に試写会を経て納品となります。東京には上質なものを安価で提供する専門業者が多くあります。

多様化するニーズに応える

女性

インターネットを活用

店舗集客を行う上で様々な施策を行っている会社は少なくありません。しかし想定よりも客足が少ない事が多く、販促活動の成果が出にくくなっています。この理由は、顧客ニーズの多様化によるものです。かつてのように製品を販売すれば、売れるような時代はすでに終了しています。効率よく販売するためには、顧客ニーズを分析することが第一に必要になります。多くの企業が顧客管理システムを導入しているのには、顧客ニーズを分析することの必要性を感じているからなのです。ニーズをベースに商品や販売活動を行うことで、おのずと店舗集客に結び付くでしょう。店舗集客は、来店してもらうことを第一の条件として考えていますが、実際に店舗に出向かずにインターネットショッピングなどを利用することができるようにすることも工夫の一つになります。インターネット販売は右肩上がりの事業になります。そのため、積極的に利用することで販売経路の拡大を実現させることも可能になります。店舗集客はインターネット販売のほうが集めやすい現状もあります。実際の店舗では、コスト的にも負担になる販促活動が強いられます。しかしインターネット上では、低料金で広告などを展開することができるのです。実店舗とインターネット店舗のコラボレーションを行うことでそれぞれの来店数を増やすこともできます。顧客ニーズを少しでも多く拾うためには、様々なジャンルを利用しての販促活動やチャネル拡大が必要なのです。